WordPressのバージョンによる編集のしずらさを改善する試み

Webサービス

こんばんは.

まるめがねです.

編集用のエディタのバージョンをアップデートしたら, えらい記事が書きづらくなった今日この頃です.

下記の記事を見たら, WordPressの更新をするなと書いてありますね.

まさかバージョンアップをして, 記事が書きづらくなるとは思わなかった(笑)

WordPress5.0の新エディタが書きにくい!元に戻す方法と解決策
2018年12月7日、ついに来てしまいました。WordPressの大幅な仕様変更。バージョン5.0にてGutenbergというエディター(記事を書く画面)が正式に採用されました ...

不覚でしたΣ(゚Д゚)

こんなに書きづらく, 文字の色替え拡大するメニューのところが選択しづらすぎる.

今回は, そんなバージョンアップをして記事が見づらくなった人向けの情報を提供したいと思います.

これらを実践すると多少見やすくなるかなと感じると思います.

プラグインから編集用のバージョンを下げる

まずは, これで改善できるか試してみましょう!

プラグインのツールとしては, 2つあります.

  • Classic Editor (WordPressの公式プラグイン)
  • Disable Gutenberg

この設定は下記からインストールして, 有効化してください.

WordPressの管理画面(ダッシュボード)

プラグイン

新規追加

どうでしたか, うまく行きましたかね?

これで前の編集画面に戻れたら, もう言うことなしですね!

プラグインをインストール後の様子

実際, ぼくはプラグインをインストールしても書きづらかったです.

ちなみにインストール後の画面がこちら!

何かエラー吐いているし、、、(笑)

こういう時は, なにもしてなかったことにして, インストールしたプラグインを無効化します.

ちなみに紹介したプラグイン2つとも, 同じエディタでした.

*ただ, 後で使ってみたら意外と使いやすかったです(笑)、ただエラーが気になる(# ゚Д゚)

プラグインのインストールがいまいちだった人向け

ちょっと, プラグインのインストールが上手くいかなかったので, バージョンアップされたエディタを使っていきたいと思います!

ただ, デフォルトで設定されている文字のサイズが18pxで, とてもこのエディタだと文字が小さすぎるため, 22pxをデフォルトとして設定しました.

文字サイズの設定は, CSSファイルに直接コマンドを打ち込みます!

CSSの編集は

WordPressの管理画面にある「外観」から「テーマ編集」に行き, テーマのスタイルシートに下記のコマンドを入力します.

p { font-size:18px;}
から
p { font-size:22px;}
に変更

文字サイズを適用させている様子がこちらです. *「あ」が気になる(笑)

151行目にコマンドを打ち込んでます. シンプルに一行加えただけですね.

ただ, 単にコマンドを打てばデフォルトの文字サイズが変わるって便利ですね~(笑)

一旦は, 新エディタで文字サイズ22pxにして, 記事を書いていこうと思います.

おわりに

いかがだったでしょうか.

ちょっと, プラグインのエディタを新しくしたら思いのほか書きづらかったので, 記事にしてしまいました(笑)

不用意なアップデートって, 人を不幸にさせるかもしれないですね.

一つ, 勉強になりました!

それでは.

コメント

タイトルとURLをコピーしました