睡眠中の赤ちゃんの危険!? ~乳幼児突然死症候群

ライフハック

こんばんは.

まるめがねです.

今回は, 乳幼児の睡眠中の危険性を記事としてまとめました.

乳幼児は身体的にも未熟児であるため, ちょっとした行動が危険を伴います.

ぜひとも, この記事を見て乳幼児の睡眠中に起こる危険を知ってください.

睡眠中による危険性

赤ちゃんの事故死は過去に多く起きています.

その中でも, とくに睡眠中に亡くなっており, また保育士の監視下にありながら亡くなってしまう事例もあるため, いかに寝ている時が危ないかが下記の画像から分かります.

睡眠中に起きる事故の事例は下記のようになっており, 様々な睡眠状態の時に危険が潜んでいるかが分かります.

特にSIDS(乳幼児突然死症候群)の死亡事例が多いんです.

SIDSとは? 乳幼児突然死症候群

SIDSとは乳幼児突然死症候群と呼ばれ, これは何の予兆もなく赤ちゃんが息を引き取ってしまう病気のことになります.

赤ちゃんが不慮の事故に合わないように以下のポイントに注意しましょう.

乳幼児突然死症候群のリスクを引くするポイント

・1歳になるまで寝かせるときは仰向けに寝かせる

・できるだけ母乳で育てる

・たばこの煙を吸わせない

引用:https://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/sids.html

厚生労働省もSIDSの危険性をポスターとして訴えています.

特にうつぶせ寝による影響が強く, うつぶせ寝によって呼吸がしづらく窒息してしまうことがあります.

また赤ちゃんは体調管理をうまく行えないため, うつぶせ寝によって体温が上がることで体の器官が狂ってしまうという原因があります.

平成30年も60名ほどの乳幼児がSIDSが原因で息を引きとっています.

福島の保育園でも事件が起きているため, 赤ちゃんの睡眠には危険が潜んでいます.

認可外保育で1歳死亡 うつぶせ寝、10分おき見守らず:朝日新聞デジタル
 福島市は26日、同市伏拝の認可外保育施設「南福島保育園」で、うつぶせで昼寝していた1歳2カ月の男児が死亡したと発表した。市は市内の保育園に睡眠中は10分おきに見守るよう指導していたが、同園は守ってい…

赤ちゃんの睡眠を見守るためのシステム

赤ちゃんの睡眠を見守るツールが多く開発されています.

・マットレス型の見守りシステム

マットレスにセンサを敷き, 呼吸の動き寝返り寝具から離れたことをモニタリングするシステムがあります.

体動センサIBUKI ONE | 株式会社PALTEK
園児のお昼寝時間をもっと安全にするための午睡チェックツール「体動センサIBUKI ONE」

・装着型の見守りシステム

ボタン型のセンサーを胸につけることで, 呼吸の動きや寝返りを検知することができます.

https://lookmee.jp/gosui/

ルクミー午睡チェック「未来の保育園を想像したことありますか?」ロングver.

・カメラ型の見守りシステム

赤ちゃんの睡眠の様子を映像を通してモニタリングすることができます.

ベビーモニター KX-HC705 | 商品一覧 | ホームネットワーク システム | Panasonic
パパやママの代わりに赤ちゃんをずっと見守りできるパナソニックの屋内ベビーモニター KX-HC705の商品ページです。

おわりに

いかがでしょうか.

乳幼児の睡眠中による危険は常に潜んでいます.

とくにSIDS(乳幼児突然死症候群)は危険な病気であるため, それを防ぐためには注意深く赤ちゃんの睡眠をモニタリングすることが大切であると思います.

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました