楽天モバイルのアンリミットをデザリングして、WiFiルーター代わりに使ってみた。

Webサービス

こんばんは。

まるめがねです。

今回は、楽天モバイルのUN-LIMITについて書いていきます。

楽天UN-LIMITは300万人限定で、通信費が1年間無料と言うかなりお得なプランとなっています。

ただ通信領域が限られていたりしていて、契約していても無駄なのではないかと言う人が多いと思います。

そんな訳で、そういった不安が解消できるよう、ここ4カ月間の使用感についてレビューしていきます。

Rakuten UN-LIMITとは

まずはRakuten UN-LIMITの特徴を紹介していこうと思います。

現時点であれば、

・月額2,980円が1年間無料

・契約事務手数料3,300円が全額ポイント還元

データ使用量が無制限

この最大の特徴は、楽天回線内であれば毎月のデータが使い放題ということです。

また、楽天回線圏外であってもauの回線を利用できるパートナー回線があります。

そのため、地方に住む方でもデータ容量5GBが1年間無料で手に入るわけです。

回線の利用範囲を確認したい方はこちらからどうぞ。

データ使用量が無料

国内通話かけ放題

Rakuten Linkというアプリを起動して、電話を掛けると、通話代が無料になります。

電話の使用料金

海外でも使用可能

海外でのデータ通信が指定された66の国にて、2GB/月が無料で利用できます。

また指定された66の国では、SNSの利用も無料です。

楽天回線海外

楽天UN-LIMITのデザリングの性能は??

ということで、楽天回線内でデザリングしてみました。

使用した機種は、OPPO Reno Aです。*Xperia Z5 premiumでも繋がりました

設定はとても簡単で、「設定」→「その他のワイヤレス接続」→「パーソナルホットスポット」→「インターネット共有」をONにします。

そうすると、デザリングが開始されます。もちろん無料です。

ちなみに設定するとこんな画面になります。簡単ですね(笑)

SIMUQ-mobile楽天モバイルが入っています。

楽天回線の通信速度は!?

楽天回線内で通信速度を測ってみました!

使用したアプリは、「スピードテストマスタープロ」です。

自分が会社の寮で使っていたNTTのADSLよりは早いですね(笑)

このくらい速度が出ていると、ネットやYouTubeを見るのに全く苦労しません。

楽天回線内にいるかの確認は?

楽天回線内にいるかどうかの確認は、my 楽天モバイルから確認することができます。

楽天回線内にいる場合は、このようになります。

画面上に緑文字で楽天回線エリアと表示されますね。

パートナー回線の場合は、灰色でパートナー回線エリアと表示されます。

1日の通信料が10GBを越えると速度制限に掛かる??

楽天UN-LIMITは1日に10GBを越えると速度制限が掛かると言われています。

ただ、僕が公式の楽天モバイルのページを見ていても確認することができないのです。

試しに、1日に10GB以上利用してみたら、何も変わらずデータ通信を行えました。

真偽は不明ですが、とりあえず使えています(笑)

ただ、1日10GBはかなりのデータ通信を行わないと達成できないため、あまり不安になることは無いかもしれません。

使用感

利用してみての感想は、年会費無料でデータ回線が無制限で使えるのはとてもありがたいです。

また、楽天Linkを使用すると電話料金が無料になるため、それも良い点かもしれません。

ネット契約にトラウマがある僕としては、ブロードバンドと契約せずにネットが使えるのはとてもありがたいです。

そんな愚痴を書いた記事が以下になります(笑)

注意点

ただ、やはり注意点があります。

楽天回線エリアにいるのに、パートナー回線に繋がってしまう。

楽天回線内にいるのにパートナー回線に繋がってしまうのは、正直不満です。

楽天回線からパートナー回線に切り替わることへの通知が来ないため、何も知らずにパートナー回線を利用してしまい、すぐに5GBを使い切ってしまうのです。

せっかく、5GBをもらっているのに、これじゃ意味がありません。

それに1日に何度か楽天回線が繋がらないため、パートナー回線の1Mbpsで生活しなければなりません。

ネットワークが安定しない。

これは、リモートワークしている自分にとっては課題の一つです。

ネットワークが安定しないため、リモート先の接続が何度も切れるのです。

大体1時間に1回あるかないかくらいで起きます。

これは、もうあきらめています(笑)

モバイル接続の宿命ですかね。

繋がる端末は3つ

これはどこかで確認したわけではないのですが、3つ以上の端末を繋げようとしたときに、接続ができないのです。

中々三つ以上の端末を接続する人はあまり多くはないと思いますが、ここは注意が必要です。

総括

個人的には、1年間無料でデータ通信が行えるため、契約して損はないかと思います。

楽天回線エリアにいれば、ブロードバンドとネットを契約しなくてもいいかなと言う気分になり、実際に僕は家に固定回線を引いていません。

ただ、楽天回線エリア内にいないとメリットはないかなと思ったりしています。

僕がパートナー回線のみのエリアにいた時の使い方は、UQモバイルのデータ通信のプランを3GB/月に変更し、楽天モバイルのパートナー回線5GB/月を使っていました。

月々のネット使用量を1年間だけ安くできるため、こういった利用方法も良いのではないのでしょうか。

おわりに

いかがだったでしょうか。

楽天モバイルについてまとめてみました。

こう新しいプランが発表されると、若干怪しくて手が出しずらいですよね。

こういった、記事をみて楽天UN-LIMITに興味を持ってもらえれば幸いです。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました